なごり雪というには

三寒四温というがちと激しい寒暖の差である。由布岳も冬の雲に覆われて空一面がどんよりと沈み込んでいる。
気温は日中でも3度、雪も春の雪ではなく粉雪のような冷たい雪が舞っている。
せっかく咲いた梅の花が霜に焼けて色あせてしまった。そこへ冷たい雪が降りそそぐ。
何と淋しい眺めであることか。なごり雪というには寒すぎる。
気分転換にイルカの『なごり雪』を。3年前のブログを再掲。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

梅〜は咲いぃたか桜はまだかいな、
などと鼻歌を唄っていたら雪が降ってきた。
雪はみぞれになり、また雪になり、
時折青空がのぞいたりといそがしい。
カメラを片手に庭へ出る。
梅の花に雪解けの冷たい雫が硬質の光を放っている。
写真を撮りながら雪の積もった露地を歩いていると
いつの間にか、鼻歌がイルカのなごり雪に変わっていた。

なごり雪





紅梅-1


紅梅-2


紅梅-5


紅梅-3


紅梅-4


岩、木等 - 1

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する