FC2ブログ

旬の美味しさ、ホウレン草のピザ

ホウレン草のピザ-1


 昔に比べると野菜が随分と美味しくなりました。ニンンジンやピーマン、トマトなどは特に甘くなったようです。
ホウレン草もしかりで、茹でても鍋の縁に黒い灰汁が殆どつきません。味もまたマイルドです。

 ホウレン草といえば子供の頃に見たアメリカのテレビアニメ、ポパイを思い出します。窮地に立ったポパイがホウレン草を食べて筋肉モリモリになって悪役のプルートをぶん投げるというのがお決まりのアニメです。ポパイが食べるホウレン草の缶詰を一度は食べて見たかったのですが、未だに「ホウレン草の缶詰」というのを見た事がありません。

 そしてポパイといえば70年代に創刊された月刊誌「ポパイ」を思い出します。男性ファッション誌ですが当初はアメリカの西海岸を中心に起こった若者のカルチャーの紹介が中心だったように思います。
 ハング・グライダーやスケートボード、フリスビーからバイシクルモトクロスなどスポーツを遊び感覚で捉え、商品カタログと連携してスポーツのファッション化のブームを作りました。カタログ雑誌のはしりでしょう。

 60年代のアメリカ社会はベトナム戦争の影響で若者の文化はヒッピーなど反社会的なイメージが強いものでした。その反作用なのかカルフォルニアのさんさんと輝く太陽を感じるファショナブルなカルチャーは大変に魅力的に感じたものです。

 話は本題に戻りましてホウレン草です。山猫軒では冬になると「ホウレン草のピザ」がメニューに載ります。今の時代ホウレン草は一年中ありますが、美味しいのはやはり旬の冬場です。
 特に葉や茎の柔らかいホウレン草ではピザには向きません。チーズをのせて高温で焼きますのでしっかりしたホウレン草でないと味も食感も良くありません。茎の太い葉も厚みのあるものが、味も濃くてピザには向いています。
 幸いスーパーでも産地直送のコーナーを設けている店が増えました。近隣の生産農家が直接野菜を販売していますのでその中から、しっかりしたホウレン草を選んで仕入れます。

 さて、そのホウレン草をザックザックと刻んでパイ生地に山盛りに盛りつけます。オリーブ油をタラーリとかけ二年熟成のパルメジャーノレッジャーノを下ろし金で挽いたものをたっぷりふりかけ、とろみを出すためにモッツァレラチーズを載せて強火のオーブンでさっと焼き上げます。

ホウレン草のピザ-3



 このピザはソースを使わないため生地のサクサク感が最高です。溶けたチーズがホウレン草にしみこんでふくよかさを増します。プレーンなパイ生地が、またホウレン草の味を引き立てます。

 3月まで、美味しいホウレン草が入荷する間はメニューに載っています。山猫軒へお出での際には、ぜひ御賞味下さい。

山猫軒店主 敬白

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する