FC2ブログ

サンマとタコとガー君

ガー君-2
前から二番目がガー君。


三日おくれの 便りをのせて ♪♪
船が行く行く ハブ港 ♪♪

 アンコ椿は三日遅れ、湯布院町に住む店主は三ヶ月遅れのテレビ番組『ガイアの夜明け』を見ています。
 「日経スペシャル ガイアの夜明け」は江口洋介が案内人のドキュメンタリーです。昨日の放送(三ヶ月遅れ)は『“庶民の味”を確保する!~サンマ、タコ…世界争奪戦~』、昨年12月1日に放映されたものです。桃の節句を前にサンマ漁のドキュメンタリーは、ちとタイムラグがありすぎですが、ローカル局の悲しさです。

 もともとサンマもタコも食用にする国は少なかったのですが、日本食の世界的なブームで多くの国で食べられるようになりました。そして中国等の巨大消費国の参戦によって日本の漁獲高が激減しているのです。
 昨年サンマは品薄で値段は三割高、確かに店主も昨年はあまりサンマを食べていませんでした。

『さんま、さんま
そが上に青き蜜柑の酸〔す〕をしたたらせて
さんまを食ふはその男がふる里のならひなり。』

(佐藤春夫の秋刀魚の歌は全部読むと辛くなります。)

 
サンマにはスダチ派、レモン派、ダイダイ派などありますが、大分県人はほぼカボス派です。(店主はスダチ派で肩身の狭い思いをしています(^^;。)
 更に秋刀魚の内臓(ハラワタ)を食べるか食べないかは好みの分かれる処でしょう。店主にとっては銀色に輝く新鮮な秋刀魚の内臓(ハラワタ)は、晩酌の日本酒に最高の珍味です。

 さて『ガイアの夜明け』、前半のサンマに続き後半はタコです。全国にタコ焼き店をチェーン展開する『築地銀だこ』。タコの世界的需要増によるコスト高の問題を抱えています。新しい供給先を西アフリカのモーリタニアへ求めました。

 テレビ画面にモーリタニアのタコ壺漁が映った時、一緒にテレビを見ていた家内が「モーリタニアってガー君が行ってるんじゃない。」と言いました。
 ガー君というのは親友の長男でオートバイが好きでヤマハ発動機へ就職していました。
 「うん、そうそう、ヤマハを辞めてタコがどうのって言ってたな。」
 「テレビに出るんじゃないの」と家内。
 「まさか、、、   で、でたァ!ガー君だ!」

ガー君

 このプロジェクトの責任者だったのです。


http://video.9tsu.com/mobile/video/ガイアの夜明け【庶民の味を確保する~サンマ、タコ…世界争奪戦~】12月1日

34分頃から出ています。(^o^)

 この『築地銀だこ』の新事業は現地の漁師の獲ったタコを買い取るだけでなく、漁師へ舟等の援助、現地での加工まで手がけて雇用と共存共栄まで考えているようです。
 ガー君、凄い事をやっているな、と感動しました。赤ん坊の時から知っていますが随分と立派になりました。そしてまた、この様にして若い人から追い越されていくんだなと少し淋しくなりました。

 今日のブログ、長々と書いて、最後のガー君の紹介をしたかっただけのようです、あいすいません。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する